会頭挨拶

会頭 藤田 靖幸

第39回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会
会頭 藤田 靖幸

(市立札幌病院皮膚科)

第39回日本臨床皮膚科医会総会・学術大会を札幌で開催いたします。

北海道ブロックでの開催は、第10回大会(白取 昭会頭、札幌)、第22回大会(根本 治会頭、札幌)、そして直近では2015年の第31回大会(川嶋利瑞会頭、網走)に続く4回目の開催です。北海道を最も楽しむことができる爽やかな季節、そして内地(道民は本州のことをこう呼びます)から避暑ができる時期として、今回は6月17-18日の開催にいたしました。伝統ある本会の開催に携わる機会を賜りましたことを、心より感謝申し上げます。

今回は「新時代への飛躍」をテーマとさせて頂きました。この言葉には、2つの意味を込めています。1つめは、COVID-19が世界中を襲いかかり、そして人類が様々な工夫をもって乗り越えつつある中で、新しい世界を迎えようという思いです。必要十分な感染対策をとりながら、従来の学会の雰囲気を取り戻すことを目指します。まだ詳細を公開することは出来ませんが、気合いを入れた特別企画や特別講演、文化講演、そして現地参加特典をご用意する予定です。ただし、密を避けるために現地参加の皆様にはご不便をお掛けするかもしれません。その場合はひとまず北海道を満喫していただいて、ハイブリッドでの視聴や後日のオンデマンド配信で本会をお楽しみ頂ければと存じます。

テーマに込めた2つめの意味は、この数年で急激に進歩している各種治療薬、そして世代交代が進む日本の皮膚科学領域を象徴したいという思いです。私に近い世代の先生方が多く大学教授や部長職に就任、あるいは開業されておりますが、これらの先生方に日臨皮の意義を感じて頂けるような会を目指し、かつ若手の臨床医に参加を勧めたくなるようなプログラムを用意したいと考えてます。

一般演題は12月から募集予定です。2020年から始まった公益財団法人マルホ・高木皮膚科学科学振興財団協賛のポスター賞は、最優秀演題賞へは副賞として記念品と賞金20万円が贈呈されます。増額されるかもしれません(されなかったらごめんなさい)。これはしがない勤務医である私にとって心穏やかな金額ではありません。皆様のご応募を心よりお待ちしています。

それではみなさん、札幌でお会いしましょう。Save the date!